読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to comeback a social life by Mental patient

障害者枠で就職をした私「あおい」の、就職までの流れと道のり

4、ツール選択 (3)障害者雇用と市場の動向 ①障害者雇用の動機

ここでは、少し法律に関することを書いていこうと思います。

事業所で教わった頃とはかなり法律も改訂されていますので、私も調べながら書いていますが、

間違っているところ・ネタが古いところがたくさんあると思いますので、

その時には容赦なく突っ込んで下さい(笑)

そのたびに訂正していこうと思います。

 

障害者雇用と市場の動向として、

次の3つに分けて書こうと思います。

①障害者雇用の動機

障害者雇用促進法

③市場の動向

 

まずは①の障害者雇用の動機です。

要は「何で障害者を雇用すんの?」ってことです。

 

その何でか、は大きく次の3つです。

コンプライアンス法令遵守

CSR…企業の社会的責任

・経営戦略…会社のイメージアップ

 

この中で企業が障害者を何で雇用するのか、というと。

 

悲しいかな、やはりコンプライアンスなんですよね…。

 

コンプライアンスに関しては、②障害者雇用促進法で詳しく書こうと思います。

 

経営戦略としては、一時期有名だったのは「ファーストリテイリング」、

つまり、ユニクロです。

 

ユニクロは、「1店舗1名以上」を目標に、障がい者雇用に取り組んでいます。

2001年に方針を定め、現在では、日本国内の約9割の店舗で障がいのあるスタッフが働いています。

障がい者と働くことで、スタッフ同士に細かい配慮や気づかいが生まれ、お客様へのサービス向上にもつながっています。

www.uniqlo.com

 

CSRについても、興味深いサイトを見つけました。

andomitsunobu.net